かたばみにき

食べ物、料理、備忘録

しもつかれ(なんちゃって)

節分の時期が近づくと意識の高い栃木県民はしもつかれを作らなきゃと思う。

 

しもつかれってなんぞ?

と言うと栃木の郷土料理です。

見た目が良くないせいで好き嫌いは別れる。

私は大好き(*´ч`*)うまうまー

なんたってめちゃくちゃ体にいい

 

なんで節分に関係あるのかと言うと

昔はお正月に頂いた新巻鮭の頭を取っておいて節分で余った豆を使って作っていたから、らしい。

今は新巻鮭が来るお家も少ないので栃木ではこの時期になると鮭の頭だけがスーパーに並びます。

もう1回言います

 

鮭の頭だけが並びます。

しもつかれのためだけに。

 

しかし東京ではこの鮭の頭が手に入らない!

 

けれどしもつかれが食べたい!

 

よってなんちゃってしもつかれを作ることにしました。

 

鮭の頭を鮭の切り身で代用。

鮭の頭がえぐいから食べれない人も切り身で作ると食べれるなんて話もあるから

あながち間違いではないらしいけど

まあちょっと邪道な気がする。

 

 

我が家のシャトルシェフ(たぶん3ℓ)分量レシピ

 

大根1本

人参2〜3本

油揚げ2~3枚

節分の豆1袋

酒粕適当(たぶん80g程度かな)

塩鮭の切り身3枚

 

鬼おろしで大根人参をすりおろしたら

その他の材料全部と鍋7割以上になるくらい水を入れて沸騰させてからシャトルシェフへセット

それだけのものです。

必ず鬼おろしで。普通の大根おろしじゃふわふわすぎてダメなので。

 

シャトルシェフで鮭の骨まで食べれるくらいに柔らかくなったら味見をして塩を足す。

新巻鮭は塩がついてるので本当のしもつかれは塩なんていらなくて

調味料を使わないで素材だけでおいしく食べるのが特徴だけど

塩鮭レベルの塩気じゃ明らかに足らないのでここはやむを得ない、塩を足す。

 

すると味は上品なしもつかれができるわけです(・ω・)やったー

本場モノのしもつかれも大好きだけど

なんちゃってしもつかれ同じくらいおいしい(*´ч`*)

 

f:id:oruhaclover:20170309102906j:image